MENU

初めてキャッシングする人が当日中に借入をするには

初めてキャッシングする人が当日にお金を借りる方法は、専業主婦・それ以外という範囲で分かれてきます。専業主婦の人の場合は無収入ということもありますので、総量規制対象外の銀行カードローンのみになります。

 

大手消費者金融は、専業主婦にはお金を貸していません。それは収入がない人には貸せないからです。専業主婦以外で自分の収入があれば、消費者金融または銀行カードローンを使って即日で借りられます。ここでは、初キャッシングをする人が当日中に融資を受ける方法について記していきます。

 

主婦の利用におすすめ!
女性におすすめレディースローン 主婦歓迎のカードローン

▲レディースプロミスのページヘ

▲イオン銀行カードローンBIGページヘ

 

無収入の専業主婦は銀行カードローンで借り入れをする

無収入の専業主婦の場合、当日中で借りるには銀行カードローンへの申し込みしか選択肢がありません。銀行カードローンでキャッシングする場合には「配偶者の同意書」が必要となりますので、配偶者に書いてもらうようにしましょう。ただ、キャッシングしたい主婦の方は、どうしても夫に内緒でお金を借りたいと思うはずなので、同意書がない銀行カードローンを使うという選択になります。

 

三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行は同意書なし

みずほ銀行・三菱東京UFJ銀行では「同意書なし」でも融資可能です。また、イオン銀行・楽天銀行・オリックス銀行なども「同意書不要」で融資をしてくれますので、同意書を書いてほしくなければ、同意書なしで貸してくれる銀行カードローンを選んで即日融資をしてもらうようにしましょう。

 

事前に口座が必要なのはイオン銀行

この中では、イオン銀行が事前の銀行口座を持っていなければ融資ができないこととなっていますので、あらかじめイオン銀行の口座を開設しておきましょう。借入と口座開設を同時に行った場合、口座開設だけで数日かかるからです。そうなると、当日中の借り入れはできませんので注意してください。

 

土日・祝日に即日融資をしてもらうのが厳しい銀行とは

土日祝日ではみずほ銀行が借入できないこととなっています。みずほ銀行はカードローン審査は平日昼間しか受け付けていません。また、楽天銀行も厳しいです。楽天銀行の審査は土日祝日でも行っているのですが、即日で振込できるのは楽天銀行の口座のみになります。それ以外なら借入できません。

 

また、オリックス銀行も同じで、ジャパンネット銀行の口座が必要ということになります。この中で土日祝日でも即日借入が行えるのは、三菱東京UFJ銀行のみとなっています。ここなら銀行口座は必要ありませんし、口座を開設する必要もありません。まさに消費者金融と同条件でテレビ窓口を使って審査を行ってもらい、すぐに借入できるようにしましょう。

 

自分に安定収入があれば消費者金融で借り入れするのがおすすめ

専業主婦の方が銀行カードローンでお金を借りるのは、ここまで書いたことを見てみると、それが最も良い選択肢であると思われます。

 

すぐにお金を借りたい場合、消費者金融より専業主婦の方は銀行カードローンのほうが良いからです。消費者金融なら銀行振り込み希望をすれば申し込みは午前中に行えば振込をしてくれます。現金で直接借入をしたいなら当日の20時までに申し込みを終えれば、借入を行うことができます。

 

20時までに申し込みをしておく理由としては、21時が審査回答時間になっていますので、だいたい20時までに審査の申し込みをしていれば、21時にはだいたい審査には通過していて、借り入れ可能になっているであろうという予想が立ちますので、自動契約機は21時まで開いているということになるのです。

 

審査に通ったら、その後はローンカードを契約機で発行します。これがあればコンビニのATMや消費者金融の専用ATMを使って、いつでもお金を借入することができるようになります。

 

21時まで審査申し込みしているのはプロミス

プロミスでは、21時まで審査申し込みを行っています。20時までというのは他業者なので、時間的に遅くまでやっているところを選びたければ、プロミスのカードローンを選びましょう。プロミスは最短30分という審査時間なので、21時まで開いているなら時間的には十分間に合うでしょう。

 

提携銀行なら銀行振込午後に申し込んでもよい

提携銀行への振込を希望する場合は、午後の申し込みでも大丈夫です。午前中の申し込みがギリギリなのは消費者金融ですが、この理由は15時で銀行が閉まってしまうからです。楽天銀行と提携しているアコムやノーローンでは、審査通過後、夜でも土日祝日でも、24時間いつでも楽天の口座への振込に対応しています。また、プロミスはジャパンネット銀行・三井住友銀行と提携していますので、振込体制は整っています。

 

土日祝日でも楽天と同じく振込を行えるので、初めてキャッシングする人はこのあたりの情報をしっかりと覚えておき、自分の状況と時間に合わせた借入方法を選び、時間的に余裕を持った申し込みをしましょう。申し込みをした後は借入までの時間も計算に居れておく必要があるので、2〜3時間前ぐらいまでは申し込みをしておきましょう。

 

初のキャッシング:いきなり30万円の借入は可能?

初めて利用するキャッシング会社で“いきなり大金を借りること”は難しいのが現実です。ですが30万円ほどなら大丈夫! たいていの場合しっかり借りることができるでしょう。

 

ただ、…誰でも無条件に30万円 借りられるわけではありません。

 

どうしたら30万円の即日借入ができる?

初めて利用するキャッシング会社で30万円をスグに借りるためには、やはり「安定した仕事・ある程度の年収・過去に返済トラブルがない」などといった条件を満たしている必要があります。

 

特に「30万円を借入するための条件」というものが明確に存在するわけではないのですが、「年収が安定している」「勤続年数5年以上の正社員」「現在ほかの借入がない」「クレジット利用利益が良好」などの条件を満たしていれば、借入チャンスはグッと高くなる…と言うことができるでしょう。

 

もちろん、いま示した条件は、あくまで一例にすぎず、この条件を全て満たさないと30万円の借入はできないわけでは決してありません。ですが、一応の基準として頭に入れておいていただければ…と思います。

 

「無収入の専業主婦だって30万円借りられる!?」

さて、総量規制により、無収入の人は消費者金融での借入は原則できません。しかし、(総量規制対象外の)銀行カードローンであれば、収入のない専業主婦でも借入可能。そして…その際の融資額の上限として設定されているのが、大抵この30万円です。

 

現在、色々な銀行が専業主婦向けのカードローンを提供していますが、そのなかの実に多くが、融資枠の上限を「30万円」に設定しているんですよ。30万円というと…かなり“まとまった大金”という感じがしますが、このように…30万円は専業主婦の方でも楽に借入できる金額。これを見る限り…融資の世界において“30万円”というのは決して高額ではないと考えて良さそうですね!

 

「学生だって30万円の即日借入できる!?」

学生だと借入できるのは10万円ほどが限界と思っている方も多いかと思われますが、場合によっては、学生だって30万円の即日融資を受けることが可能!これは私の友達の例なのですが…、「大学の学費にあてる」として“学生専用ローン”に借入申請をしたところ、スムーズに30万円の融資を受けることができたのだそうです。

 

ただ、その際には思いのほか手続きに時間がかかったとのこと……。親の年収・職業、家族構成など…じっくり1時間ほど電話で聞かれたそうです(なお、借入時の友だちの年収はバイト代のみで非常に低かったのですが、親が現役で働いており安定した年収があったおかげで借入が認められたという話でした)。このように、お金があまりない学生であっても30万円という金額を借りることは決して夢ではありません。

 

「学生が借入できる相場は10万円」

ただし、学生がパッと30万円借りられることは稀…。その証拠に、大手の消費者金融を色々見てみると、やはり学生が受けられる融資は10万円ほど…というのが基本のようです。…

 

もっとも、バイトなどで年に100万円以上しっかり稼ぎがある場合は、学生であっても消費者金融で30万円の借入をすることは十分に可能でしょう。

 

30万円借りるには、100万円の年収が必要!

上記でも少し触れましたが、消費者金融で借入をする際に気をつけなくてはならないのが「総量規制(消費者金融での借入は年収の3分の1までというルール)」の存在です。

 

借入金額が、年収の3分の1に収まっている必要があるわけですから、30万円を借りるには、およそ100万円の年収が必要だということになります。

 

ただ、これは逆に考えれば100万円を大きく超える年収があれば30万円の借入は比較的カンタンだということ! よって200〜300万円以上の年収があるのならば、30万円の即日借入は、そう難しいことではないでしょう。

 

「初キャッシングは、ちょっと厄介?」

「初めて利用する消費者金融での借入/人生初の借入」は…少々厄介!初回の場合は、あなたと(利用する)金融機関との間に“信頼関係が構築されていないため”、審査に時間がかかったり、思うように希望金額の借入ができなかったりすることがあるのです。

 

「初回利用者は信頼されていない!?」

借入履歴がないということは、先述の通り、金融機関との間に“信頼関係が構築されていない”ということ。マイナスの印象を持たれていない一方で、プラスの印象(信頼)を持ってもらうこともできていない状態なのです。

 

そのため、どうしても初回の借入時には、審査が厳しくなり・思うように借入出来ない傾向があるということは、頭に入れておいてください(年収が100万円あれば、理論上30万円を借りることはできるのですが、信用度が低いと判断された場合、利用限度額の上限が30万円に満たない値にされることもあると覚えておきましょう)。

 

以上でご紹介してきた通り30万円の借入は決して難しくはありません。大抵の場合、案外スムーズに借りられるもの! あまり緊張せずに借入申請をしてみてはいかがでしょうか。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
イオン銀行カードローンBIG

3.8〜13.8% 800万円 原則即日回答
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日