MENU

キャッシング以外の生計費を借りる方法とは?

生計費が苦しいため、今日にでも4万円を調達したい時であっても、消費者金融を利用することでそれが実現できます。

 

特に消費者金融では午後9時まで申し込みの受付を行っており、平日以外でも可能です。また、キャッシングが可能な上限金額も大体は10万円となるので、4万円ぐらいなら簡単に手に入るでしょう。

 

当日中に少ない金額をキャッシングするのであれば、消費者金融を選択すべき

先ほどの4万円程度といったお金を当日中にキャッシングしたいのであれば、銀行よりも消費者金融でキャッシングする方がはるかに良いでしょう。これは、銀行という場所が端からそのようなことには不向きだと言われているためです。

 

この点についてもう少し見てくと、消費者金融では審査に要する時間が最も早い場合で30分となっていて、一方の銀行を見てみると大半はこれが当日中となっているのです。三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行などといった一部のメガバンクにおいては、最も早い場合だと30分で終わるケースもあるようですが、消費者金融と比べるとその数ははるかに少ないと思われます。

 

金利が低いので、審査に時間をかけざるを得ない

銀行が審査に時間をかけているのは、銀行が低い金利でお金を貸し出しているからであり、低い金利で貸し出すほど返済が行われなかった時の損失が大きくなります。

 

消費者金融も同じですが、銀行でもお金を貸し出し、それに対する金利も含めて返済してもらうことで初めて利益が得られ、その返済が行われないと、利益もなくなってしまうわけですから、それを防ぐためにもどうしても審査には時間がかかってしまうのです。

 

以上のことからも、銀行が審査に時間をかけるのはある意味では当たり前のことであり、急いでいる時は消費者金融を選択した方がよいということがお分かりになったかと思われます。

 

4万円程度の金額であれば、金利は変わらない

先ほどの内容にさらに付け足すとしたら、4万円程度であれば、銀行も消費者金融も金利に関しては変わらないということです。

 

例として1万円を1か月の間キャッシングした場合について消費者金融、銀行それぞれで比べてみると、その差は30円であり、それが4万円になったとしても120円となります。ということは、6か月の間キャッシングした場合でも720円ですから、金利の差に関しては全然気にしなくてもよいのです。

 

緊急を要する場合は、絶対消費者金融でのキャッシングを選択する

生計費といった緊急を要するキャッシングであれば、絶対消費者金融でお申し込みするようにしてください。これは前述の通り、銀行ではいくら早くてもお金を受け取れるのは当日中であり、その日に受け取れないことも多々あるためです。また午後3時までにお申し込みをすれば、「基本的に当日中に結果をします」という銀行も存在しますが、この場合も必ずそうなるとは限らないので、鵜呑みにするのは危険と言えます。

 

消費者金融は、午後8時までであれば当日中にお金を受け取れる

一方、消費者金融は午後8時までに申し込むと、大方の場合、当日中に審査の合否が出ることになっていますが、より確実性を重視するなら19時までにお申し込みした方がよいかもしれません。このように、消費者金融は審査には時間をかけていないため、すぐに結果を知ることができ、もし不合格となってしまった場合でもすぐに次の手を打つことが可能なのですし、キャッシング以外の手段もすぐに検討が可能となります。

 

こういった点からも緊急でお金を受け取りたい場合は、審査時間が重要になるのは明らかです。急いでいるときは絶対消費者金融でお申し込みするようにしてください。

 

生計費が常時不足するという方は生活福祉資金も検討すべき

4万円程度のキャッシングそのものは簡単で良いのですが、あくまでもこれは1度や2度のことであって、常時生計費に困っているという方に限っては、このようなキャッシングはあまり良い手段とは言えません。

 

抜本的な解決手段を挙げるならやはり働くこととなりますが、人によってはそれが不可能だという方もいらっしゃるでしょう。そのような方に提案したいのが次にご紹介する生活福祉資金となります

 

国が行っている生活福祉資金

生活福祉資金とは、国が生活に関わるお金が著しく不足している方に向けて貸し出ししているものです。住居や食費、そして、教育資金を借りたい時といったように様々な用途での借入が可能となっています。

 

一応お金が著しく不足している場合となっていますが、生計費のためキャッシングを常時利用しているような方であれば、ほぼ利用が可能です。お申し込みからお金を受け取れるまでには、20日程度要してしまいますが、それで問題がない方はお申し込みされることをお勧めいたします。

 

とある事情で父親が居ない方に向けての母子福祉資金

このほか父親がいないことで、生計費が不足することもあるかと思われます。こういったケースでは前述の生活福祉資金以外にも母子福祉資金も借りることができます。この母子福祉資金に関しても、先ほどと同様、生活に関わる様々な用途での借入が可能となっていますが、こちらの方がより用途が細分化されているということが生活福祉資金とは異なる点と言えるでしょう。

 

また、このような特長から、用途が定められていないお金よりも借りること自体が容易となり、さらに国からのお金ということから金利も低くなっています。今回は生活福祉資金、母子福祉資金の2つを取り上げましたが、国からの援助としてのお金はこれら以外にも存在しますので、生計費としてキャッシングするのも悪くはないですが、国から援助を受けるという手があることも頭に入れておいてください。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
イオン銀行カードローンBIG


3.8〜13.8% 800万円 原則即日回答
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日