MENU

他社借入の有利、不利

借入件数が多いと、どうしても審査の上では不利になることが多いです。しかし、きちんと返済を続けており、順調な返済状況であれば、それが有利に働く場合があります。

 

返済を完遂させた、順調に返済している、という場合は有利

返済を順調に行っていれば、自然と残高は少なくなっている事でしょう。個人信用情報には、完遂させたということばかりではなく、そのような現状も記録しているのです。そして、金融業者からすれば、返済をきちんと行ってくれるお客さんは、優良顧客になり得る方です。ですので、そのような場合だと審査の際には有利になる場合があるのです。

 

このような返済情報の記録のことをクレジットヒストリーと言います。そして、今回のように返済を完遂させた、などの情報は有利になる情報ですので、そのようないい情報を稼ぐことを数値に見立てて、クレジットスコアといいます。ですので、このクレジットスコアを稼ぐことでキャッシング審査の際に有利になるようにすることも可能です。

 

不利になる場合の方が多い

しかし、今回のような、他に借入先がある中で他社に借り入れするような場合ですと、どうしても不利になってしまうことが多いものです。というのも、他社借入を行うような方の多くが、きちんと返済をしない人達で、金融機関としても非常に警戒してしまうのです。そのように思われている以上、審査に通過し辛くなることは仕方のないことかもしれません。

 

ですが、前述したようにこのピンチはチャンスにもなり得ることもあります。もしも他社借入を考えているのであれば、返済を少しでも進めておくと真面目に返済をしてくれると思われやすいので、準備しておくことも効果的でしょう。

 

他社借入で審査に通過しない別の理由

また、その他の理由として考えられるのが、総量規制の影響です。総量規制は年収の三分の一以上はお金を借りられない、という融資上のルールの一つですが、もうすでに年収の三分の一以上の融資を受けてしまっている場合には、これ以上のお金は借りられないということになります。ですので、年収の三分の一以上の融資を受けているのならば、他社借入は根本的に不可能になりますので、諦めた方がいいでしょう。

 

総量規制の対象外になる借入

しかし、住宅ローンや自動車ローンの場合は総量規制の対象外になります。当然、これらの買い物は非常に大きな金額になってしまうものですから、総量規制の対象に入れてしまうと自由に好きな住宅も車も買えなくなってしまうことがあります。そうなると誰も住宅も自動車も買えなくなるので、対象外にするのは妥当でしょう。進行形でローンを払っていたとしても、キャッシングを受けることはできますので安心して大丈夫です。

 

信用度は借入先によって変わる場合もある

また、すでにある借入先がどの金融機関で借りているかによっては、審査における信用度が変わる場合があります。

 

信用度が変わりますので、不利になってしまう場合や、有利になるようなこともありますので、覚えておきましょう。

 

高金利の中小の消費者金融から借りている場合は不利になる

中小の消費者金融は独自審査を設けているので、大手消費者金融や銀行での審査より、はるかに審査に通過しやすいというメリットがあります。その代わりに金利が高くなってしまっているのですが、そのような業者からお金を借りていると、他社借入の際にはどうしても不利になってしまいます。

 

誰でも通る、ということは、もうすでに他の消費者金融からは借りることが難しい人が良く利用するということです。ですので、利用している時点で、この人はもしかしたら裏があるのかもしれない、と想像されてしまい、警戒されることでしょう。警戒されれば審査も厳重になりますし、多くの人が何かしらの問題を抱えているものです。ですので、審査に通過し辛くなるのです。

 

逆に、大手の消費者金融や銀行からお金を借りている場合は、相対的に有利になることが分かりますね。中でも、銀行からすでにお金を借りている場合は、厳しい審査に通過しているだけの信用度があると思われるでしょうから、審査の際には有利になります。もっとも、他社借入をしていない人と比べると不利ではありますが、同じ条件の人の中では有利になる、程度のことだと思っておいた方がいいでしょう。

 

借入総額が大きくとも、件数が少なければ大丈夫

借入件数が多くなる、つまり多重債務を抱えている人と、借入総額が大きく、一つの金融機関から融資を受けていると言う人とでは、後者の方が審査では有利になります。一つの業者から高額の融資を受けていることは、それだけの金額を与えられるほど信用されているという他ならぬ証なのです。

 

逆に、借入件数が多くなるのは、それだけ多くの業者から十分な信用を得られていない証と言うことになりますので、不利になってしまうのです。ですので、借入件数が多い場合は、おまとめローンなどで一本化してしまった方が、次の審査では有利になることがあるのです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
イオン銀行カードローンBIG


3.8〜13.8% 800万円 原則即日回答
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日