MENU

配偶者貸付=夫の収入で借りること、ではない

配偶者貸付、というのは銀行カードローンにおけるシステムの一つですが、利用される方の多くは専業主婦の方です。専業主婦の方がキャッシングを利用する際には自身の収入がありませんから、夫の収入が頼りです。

 

そのために、夫の年収を元に返済を行える配偶者貸付を利用することになります。その際には配偶者貸付とは夫の収入を元にお金を借りるシステム、と思っても差支えありませんが、実際の配偶者貸付とは夫婦の年収を合算して借りる、というシステムなのです。

 

夫婦の収入を合算する配偶者貸付で、キャッシング枠を増やすことが可能

この配偶者貸付というシステムを使うと、例え総量規制いっぱいいっぱいの借金をすでに背負っていたとしても、新たにお金を借りることが可能になります。例えば、年収300万円の方がすでに100万円の借金を持っていたとしたら、もうこれ以上のお金を借りることは総量規制の関係でできないことになります。

 

しかし、配偶者貸付を利用すれば、さらに100万円の融資を受けられることもあります。もちろん、妻が専業主婦の場合には融資限度額が低くなるためにもう少し少額になりますし、共働きをしている場合には、どちらかが個人で別枠でキャッシングを受けることも可能です。しかし、年収がお互いの年収を合わせた金額になりますから、総量規制に当たる限度額が増えることもあるでしょう。

 

キャッシング枠を増やしても得をすることはあまりない

しかし、配偶者貸付を利用してキャッシング枠を増やしたとしても、それで必ず得をするという訳ではありません。むしろ、金利の面では非常に損をしてしまいます。先ほどの例を挙げて、通常のカードローンで200万円を借りた場合と、配偶者貸付を利用して総額200万円の融資を受けた場合と比較すると、前者の方が金利は安くなるのです。

 

その理由としては、キャッシングという商売の性質上、高額の融資になればなるほど金利と言うものは安くなる、というシステムがあるからです。100万円の金利と200万円の金利ではどう見ても200万円の方が高額ですから、金利は安くなります。

 

そして、キャッシング枠を増やして融資を受ける、ということは、今回の場合では100万円の金利を2倍も払わなくてはならなくなるのです。もちろん、200万円の金利は、その100万円の2倍の金利よりは下回ります。ですので、枠を増やしてわざわざキャッシングを利用する、というのはあまり賢い方法とは言えないのです。

 

配偶者貸付を利用する際に必要になるもの

配偶者貸付を利用する際には、必要な書類が三つあります。身分証明書、住民票、配偶者の同意書です。身分証明書はいつでも必要になるものですから大丈夫でしょう。住民票は一般的にポピュラーな書類としてここでは上げていますが、住民票を提出する意義としては、配偶者との婚姻関係を証明することです。

 

そのため、住民票以外の戸籍謄本などでも構いません。入手しやすいのは住民票ですから、住民票が一番でしょう。配偶者の同意書は、夫、または妻が同意しているという証明書です。

 

事実婚の場合はどうなるか

事実婚の場合も、二人の関係が事実婚であるということを証明できる書類を提出する必要があります。住民票の続柄部分に、夫、妻それぞれに「未届け」と付いていれば、一目で事実婚であることは分かります。ですが、それだけだともしかしたら信用度が低い場合もあります。

 

特に配偶者貸付は銀行のシステムですから、お金を貸す際には非常に慎重になるでしょう。ですので、事実婚契約書や、内縁契約書などの書類も一緒に準備しておくといいでしょう。そちらの方が審査を通過しやすくなるかもしれません。

 

配偶者貸付を利用するメリットとはなんなのか

制度そのものや、必要なものは紹介しました。ですが、そのメリットについてはいささか難があります。というのも、キャッシング枠を増やして新たにキャッシングをすると、金利が上がることも述べたとおり、こちらのデメリットはあまりにも大きなものです。

 

それも、総量規制以上のお金を借りるためだから仕方がない、と思われるかもしれません。けれども、実はこれ以外にもおまとめローンならば総量規制の対象外になっているのです。

 

おまとめローンを利用して追加で借りる

おまとめローンは正式に認められている会社のものであれば総量規制の対象外になります。ですから、わざわざ配偶者貸付を利用してお金を借りる、という必要はないのです。それならば、おまとめローンで追加でお金を借りてしまった方が、金利的にも返済の手間を考えても非常に楽です。

 

配偶者貸付を利用する、という手段もあるにはありますが、そちらをするよりもこちらの方がお得ですので、配偶者貸付でキャッシング枠を増やすのは、手段の一つとして考えておく程度のことだと思っていましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
イオン銀行カードローンBIG


3.8〜13.8% 800万円 原則即日回答
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日