MENU

失業中はまず審査に通らないので仕事を探す

もしも失業中にお金が足りなくなり、キャッシングでなんとか賄おうと思った場合ですが、新規に申し込みをしようとしても、まず間違いなく審査に落ちます。その理由は、仕事がないからという非常にシンプルなものです。キャッシング審査においては、何よりも収入があることが審査通過の必要最低条件です。ですので、失業していると言う時点で無職と同じ扱いになりますから、キャッシングは利用できないと言うことになります。

 

また、同様に無職だとみなされるのが、投資やアフィリエイトなどでお金を稼いでいても、個人事業主になっていない場合です。生活するのに十分なお金や、かなり稼いでいると言う方は必ず開業届を出しているので問題はないはずですが、それ以外の方は無職と見なされるので注意が必要です。

 

無職から脱却する

失業中の方がキャッシング審査に通るために必要なことは、まず働くことです。収入が必要だから、ということも重要ですが、何よりも職場があれば在籍確認の際にも有利になりますから、何でもいいので働くことが必要となります。

 

一番簡単なのはアルバイトを始める

すぐに働くとなれば、アルバイトが一番オススメです。すぐに働くことができますし、在籍確認も行えるようになりますし、何より採用基準が厳しくないことも良い利点です。自ら失業したと言う方もおられるかもしれませんが、昨今の社会情勢から考えると、意図せずに失業される方が多いでしょう。ですので、なかなか正社員になるのは難しいことです。アルバイトなら楽ですので、その点で心配をすることが無いのがかなりいい利点だと言えるでしょう。

 

派遣社員や契約社員ももちろんOK

アルバイトでも大丈夫ですので、さらに上の非正規雇用でもぜんぜん構いません。仕事は大変かもしれませんが、収入はアルバイトと比べても高額になりますから、むしろ得をするかもしれませんね。仕事の中には自動車工のように、きつい分だけ収入が高い仕事もありますから、それらを狙えば、キャッシングをしたとしても返済に困ることはないでしょう。

 

働くのがどうしても嫌なら自営業をする

中には、もう二度と職場に行くものか、と思われる方もいらっしゃるでしょう。そのような方の場合は、自分で仕事を初めて、開業届を出してしまえば個人営業主になれますので、それも手段の一つではあります。しかし、注意しなくてはならないのは、キャッシングを利用する際には、個人営業主としての収入を証明する、収入証明書が必要になります。

 

自営業の方ならば確定申告書などがそれに当たります。けれども、その年度の収入証明書でなくてはならず、これまでに働いていた会社などの給料明細などではいけません。つまり、少なくとも一年くらいは自営業として仕事をしていないと、キャッシングを利用することができないのです。ですので、個人営業で働くことを念頭に置いていて、一年はお金を借りなくとも大丈夫な方でなければ意味がないのです。

 

現時点で借金があるのなら、日雇いのアルバイトがオススメ

もしも、現時点で借金がある場合は、新たに借入をすることは非常に難しい事でしょう。ですが、新しい借入先の審査に通過しやすくなるテクニックとして、申し込みをする前に少しでも借金を返済しておく、という方法があります。そのためにも、すぐにお金が手元に入る日雇いや週雇いのアルバイトをするのがオススメなのです。

 

一部の返済だけでも効果絶大

もちろん、全額の借金を返済するのは、どれだけのハードスケジュールを行ったとしても不可能です。ですので必然的に一部だけの返済になるでしょうが、それだけでも十分な効果がある場合があります。そもそも、このようなことをする理由としては、自分自身が借金を返すために働き始めた、返済を真面目に行っている、ということを業者にアピールするためなのです。

 

したがって、ちょっとの返済をするだけでも、新たに審査を受ける場合にも好印象を抱かれることがあります。もちろん、ほぼすべての金額を返していれば、なおさら審査には通りやすくなるでしょう。

 

データにもしっかりと出ていることがある

このようにしたとしても、所詮一時しのぎの取り繕いじゃないか、と思われるかもしれません。ですが、金融機関のデータとして、一度返済を行い始めた方が、その後完全に返済を行う、または遅延や延滞を行わない、真面目な返済者になる確率は非常に高いと言う結果が出ているのです。

 

少しでも返済を始めたら、それ以上金利が膨らむのはもったいないですから、人間の心理としてもそうすることが多くなるのは当然ではないかな、とも思います。ですので、自分の気持ちを改める、という意味も込めて、すでに借金があり、新たにキャッシングを利用するつもりがある場合は、日雇いのアルバイトを始めるなりして、返済を少しでも行っておくといいかもしれません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
イオン銀行カードローンBIG


3.8〜13.8% 800万円 原則即日回答
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日