MENU

銀行ローンで借金の一本化を図る際のデメリット

おまとめローンを利用する場合、消費者金融よりも銀行の方が金利が安くなると思われがちです。確かに金利は銀行のほうが低く、借入限度額も大きいため、銀行のほうが経済面で有利なのには間違いありません。

 

しかし銀行で借金の一本化を図るにはデメリットも存在しているため、銀行のカードローンを利用する際には注意が必要となります。

 

銀行には、借金の一本化のためのサービスが存在していない

消費者金融には借金を一本化するためのおまとめローンが用意されています。おまとめローンに申し込めば、新たな融資により消費者金融が本人に変わって既存ローンの返済を行ってくれるのです。

 

しかし銀行には消費者金融のようなおまとめローン存在していません。あくまで通常の銀行カードローンを、借金の一本化や借り換えに使用できるようになっているに過ぎないのです。

 

銀行ローンを借金の一本化に使用するのには手間暇がかかる

銀行カードローンを借金の一本化のために利用するには、本人が新規ローンの契約をし、新たな融資で既存ローンの返済をする必要があります。そこで新たな借入金を手にすると、それを既存ローンの返済以外に使用してしまう可能性も生じてしまいます。そうなると、借金の一本化ができないばかりかむしろ借金が膨らんでしまいます。

 

他方、消費者金融のおまとめローンであれば、消費者金融会社が本人の名義で既存ローンの返済を行ってしまうため、新たな借入金を使ってしまう可能性はありません。銀行ローンを利用した借金の一本化では、消費者金融のように既存ローンの返済をしてくれるわけではないので、きちんと一本化ができない可能性も出てくるのです。

 

消費者金融は総量規制の例外として、おまとめローンを設置している

消費者金融は、借入金を申込者の年収の1/3に限定する総量規制に縛られています。そこで本来、おまとめローンの融資に関しても、この総量規制に服することになるのですが、消費者金融各社は総量規制の例外としておまとめローンを提供しています。

 

わざわざ金融庁の許可を得て、規制の例外としてサービスを展開している消費者金融は、借金の一本化に対して積極的であることがわかります。

 

銀行カードローンでは審査が厳しくなる

銀行では、カードローンを借金の一本化や借り換えに使用することが認められています。しかし認めていることと審査に通りやすいことは別問題です。

 

銀行カードローンの申し込みに際し、借金の一本化が目的と記載すると、その分審査が厳しくなるのは間違いありません。

 

審査に通らないと、借金の一本化が図れない

たしかに銀行カードローンの金利は消費者金融よりも低い傾向にあります。しかし、どれだけ金利が低く借入限度額が大きても、審査に通らない限りその経済的なメリットを享受することはできないのです。

 

借金の一本化において大切なのは審査に通過し、既存ローンを一括して返済出来るだけの融資を受けられることです。金利の低さや借入限度額の大きさよりも大切なのは、審査の通りやすさなのです。

 

借金の一本化によるメリットを認識すべき

複数の借金を抱えている多重債務者にとって大切なのは、借金の一本化を図ることです。借金の一本化も第一のメリットは金利負担が軽減化されることですが、たとえ一本化によって金利負担が軽減されなくても借金の一本化にはメリットが存在します。

 

借金の一本化は借金の管理を容易にします。複数の金融機関に借入金が存在すると、その返済について苦労することになります。月に何回も返済手続きが必要となり、いくらの金額が必要となりのか、把握できなくなってしまうのです。

 

しかし借金を一本化すれば、月の返済回数は1回だけに抑えられます。1回あたりの返済金額や借入金残高についても把握しやすくなり、着実な返済が可能となっていきます。さらに返済手続きの回数が減少することにより、返済に対する手数料負担も軽減され経済的なメリットも得られます。このように借金の一本化には様々なメリットがありますが、審査に通過しない限りそのメリットを享受できないのです。

 

銀行がおまとめローンを提供していない理由

おまとめローンの提供に際しては、利用者の既存ローンの把握が必要です。さらに利用者が借金の一本化後に返済に応じられるかについて、利用者の年収や借金歴から判断しなければなりません。そのためにはこれまでの利用者から蓄積されたデータが必要で、コンピュータによる審査システムも重要となってきます。

 

銀行がおまとめローンを実施していないのは、消費者金融に比べこれらデータの蓄積が乏しく、審査体制が整っていないからです。そこで銀行に借金の一本化のための融資を申し込むと、審査時間がかかり、審査が厳密なものとなってしまいます。

 

借金の一本化を申し込むのは、多重債務者が多い

借金の一本化を申し込むのは、すでに複数のローンを抱えている人たちです。そのような人たちの中には債務額が多額となっている多重債務者も含まれます。そこで借金の一本化や借り換え目的に銀行カードローンを利用使用すると、さらに審査は厳しいものとなってしまいます。銀行カードローンを借金の一本化のために利用するのは、かなり難しいこととなっているのです。

 

例外的に借金の一本化に積極的な銀行も存在する

大手都市銀行系列の銀行カードローンは借金の一本化に消極的です。しかし例外的に銀行カードローンであっても、借金の一本化に積極的な銀行も存在します。イオン銀行・楽天銀行・オリックス銀行など銀行業に参入して日が間もない新興銀行は、新たに顧客を獲得するために都市銀行が実施しないサービス展開をしているのです。

 

銀行を利用して借金の一本化を図るのであれば、これら新興銀行のカードローンが狙い目となります。消費者金融と同程度の柔軟さで審査に応じてもらえ、かつ低金利で多額の融資を受けられる可能性があるのです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
イオン銀行カードローンBIG


3.8〜13.8% 800万円 原則即日回答
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日