MENU

連続、同時複数の申し込みは審査落ちの原因

実を言うと、キャッシングの申込みを複数に連続、または同時に行うということはキャッシング審査においては絶対にやってはならないことなのです。と言うのも、審査に落ちてしまう最大の原因になり得るからです。

 

複数の申し込みは危険人物の証

キャッシングというのはお金に困っている人に行われるサービスの一つ、という認識は間違ったものではありません。けれども、金融機関も慈善でやっている訳ではなく、商売として貸し付けを行っているのですから、お金を貸して、金利も含めて全て返って来なければ意味がないのです。

 

複数申込みが危険とされる理由

中でも複数に申込みをする、という方は特にお金に困っている方でしょう。ですから、お金を借りたとしても、返済が十分にされる可能性は実に低いのです。貸し倒れする人もいますし、そのように貸し倒れしているからこそ、どこからでもいいからお金を借りたい、と複数の金融機関に申し込みを行っている方もいらっしゃるでしょう。

 

ですので、金融機関は余計なリスクを背負わないためにも、複数の申し込みを行っている人は、できる限り審査の時点で弾いてしまうのです。

 

連続、同時であっても2件が限度

また、連続に何件も申込みをしていても審査には不利です。審査に落ちてしまうか、または落ちてしまう可能性がある方でないと、審査への連続申込みなどはしませんから、この人は別の金融機関で審査に落ちた人だ、と警戒されても無理はないでしょう。

 

2件までならば、大目に見てくれる

キャッシングの審査に通過しない確率は、消費者金融ならば約60%、銀行カードローンならば70%前後ですので意外と高いのです。ですから、一度くらい審査に落ちることなんて誰にだって起こり得ることです。消費者金融の場合は半分くらいの人が審査に通過すると思って構いませんから、一度くらいの審査落ちだったら、次の金融機関も危険人物だとはすぐに判別することはないでしょう。

 

けれども、2件目も落ちてしまう場合はよっぽど信用情報か何かに欠陥を抱えている人、ということになります。ですので、3回目以降の審査であっても結果は同じになることが容易に予想されますし、その上2回も審査に落ちてしまった、という結果が残り、余計に審査が厳しくなるという悪循環も起こってしまいます。

 

2件目が限度、3件目からは申し込まない

ですので、これ以上新たにキャッシングを利用することは絶望的ですし、言ってしまえば無駄なあがきです。そのための時間も労力も別のことに使った方がいいでしょう。

 

お金が欲しいのであれば、日雇いのバイトなどを行うことで十分な金額は手にすることはできるでしょうから、それでなんとか済ませる、という方が3件目以降の審査を受けるよりはよっぽど希望がありますよ。

 

どうしてもキャッシングを利用しなくてはならない場合は

ですが、中にはどうしてもキャッシングでお金を賄う必要がある方もいらっしゃるでしょう。その場合には、もはや独自審査を設けている中小の消費者金融を利用するしかありません。

 

独自審査は通過しやすい

独自審査とは、そのほかの大手消費者金融や銀行カードローンが審査の際に活用している個人信用情報などを参考にしない、独自の審査基準を設けているということです。ですので、ブラックリストに入ってしまっている方であってもキャッシングを利用できるようになる可能性もあるのです。

 

自己破産などの重度の信用事故を起こしてさえいなければ、独自審査の場合は早々審査に落ちてしまうことは考えられません。ですので、連続申込みを行ってもどうしても審査に通過しない、という程度の方であれば、より一層融資してもらい易い事でしょう。けれどもやはり、それだけ羽振りがいいのですから、デメリットも当然あります。

 

独自審査のデメリット

独自審査の最大のデメリットとしては、かなりの高金利である、ということです。どれくらいの高金利かというと、消費者金融が遅延や延滞をされた場合にペナルティとしてかける金利と全く同じ割合の金利をかけている、ということがほとんどなのです。

 

もちろん、これはヤミ金などではありませんから、合法です。しかし、かかる金利は法律上いっぱいいっぱいの金利になりますから、相当の高金利であることが分かるでしょう。その上、中小の消費者金融ですから、大手で利用するような自動契約機やコンビニATMなどを利用することもできませんし、必ず手数料が発生してしまいます。

 

ですので、正直なことを言えば、これらの独自審査で行う消費者金融は利用しないに越したことはないのです。わざわざ利用するよりは、しっかりとお金を働いて稼ぐ方がよっぽどいいでしょう。むしろ、これらの中小の消費者金融を利用するのは、かなりの最終手段だと心得ておきましょう。審査に通らず、すぐにでもお金が入用になるのに、お金が足りない。そのような場合以外でこちらを利用するのは非常に危険ですので、あまりオススメはできません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
イオン銀行カードローンBIG


3.8〜13.8% 800万円 原則即日回答
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日