MENU

専業主婦のキャッシング審査の実状とは!?

もしもあなたが専業主婦ならば、キャッシングは銀行カードローンの利用を優先的に考えましょう。また、事を容易に運ぶため、配偶者の同意不要な銀行を選択することも欠かせません。更に、限度額が大きく審査が早いと評判な銀行を選ぶことも忘れずに。このようなポイントは、後で後悔しない為の知恵だと心得ておきましょう。

 

だからといって、専業主婦のキャッシングが至難の業というわけではありません。でも、何事もポイントさえ押さえておけば嫌な思いをしたり、面倒を避けたりできるのです。そこで、無収入である専業主婦の為の審査通過のツボをお教えします。

 

主婦の利用におすすめ!
女性におすすめレディースローン 主婦歓迎のカードローン

▲レディースプロミスのページヘ

▲イオン銀行カードローンBIGページヘ

 

専業主婦が銀行カードローンを選ばなければならない理由

専業主婦だからこそ銀行は敷居が高いように思えるかもしれませんね。しかしながら、専業主婦の場合には、選択肢が限られてしまう現状にあるのです。例えば、アコムなど大手の消費者金融では専業主婦に対する融資は受け付けていません。何かしらの形で就業し、収入を得ている必要があるのです。

 

ただし、皆無という訳ではなく、セゾン・セディナ等のクレジットカード系消費者金融では受け付けています。でも、審査は非常に厳しいと評判なので借りられる確率はかなり厳しいものになるでしょう。事実、まったくの無収入である多くの専業主婦は、銀行カードローンを利用しています。

 

配偶者同意書を必要としない銀行がベター

配偶者の同意書とは、専業主婦の場合には夫からお金を借りる為の同意を得ることを指します。夫の収入から返済を行うことになるのですから、当然の要求と言えます。でも、夫婦間でも内緒にしたいことは間々あります。

 

特にお金に纏わることならば尚のこと。「同意書を書いてもらう」=「お金を借りることを告白する」ことになるのですから、気が進みませんよね。だからこそ、同意書不要の銀行を選ぶべきなのです。ここで、配偶者の同意書不要を謳っている銀行カードローンをご紹介します。

 

  • 三菱東京UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • イオン銀行
  • 楽天銀行
  • 東京スター銀行
  • 横浜銀行

 

これらの銀行から選べば、余計な気遣いが減ること間違いなしです。

 

専業主婦にとって最も確実な銀行カードローンとは?

銀行カードローンで配偶者同意書が不要な銀行を選ぶこと。ここまで無事に事が進めば、あとは通常の手順を踏むだけです。専業主婦でも心配はかなり軽減します。後は住民票と本人確認書類を提示すればいいので簡単です。さて、ここで更なる知恵を伝授しましょう。

 

それは、「借入先を横浜銀行、又は楽天銀行にするといい」ということです。なんとこの両銀行は、本人確認書類の提出さえ行えばOKと謳っています。これが意味するところは、無収入の専業主婦でもサラリーマンが受ける審査と同じになるということ。そこで、無闇に横浜銀行や楽天銀行を選択する必要はありませんが、家族には絶対内緒で審査を難なく通過したいと考えるならば、両銀行がおススメです。

 

横浜銀行を利用する際の注意事項

ただし、横浜銀行を利用するには利用制限が設けられています。申込み資格として、東京都、神奈川県、群馬県に在住もしくは在勤している必要があるのです。同じ関東圏なのだから、千葉や埼玉じゃダメなの?と思うかもしれませんが、それぞれに地域に密着した千葉銀行と埼玉りそな銀行があるという理由でダメなのです。あくまでも東京、神奈川、群馬に限られてしまいます。もしも該当するならラッキーですね。是非、横浜銀行で審査を申し込みましょう。

 

専業主婦だからこそ、借入金額を増やす方法が知りたい!

専業主婦の借入限度額は、30万円です。これは一律で、どの銀行に問い合わせをしたとしても同じです。これは銀行側のリスク軽減が反映されていて、もしも返済が滞りがちになったとしても30万円くらいならどうにか完済へ漕ぎ着けるであろうという希望的観測による限度額設定になっています。

 

自分の収入から返済しないという前提なので、仕方ありませんね。ただし、例外があって30万円の限度額を引き上げて、50万円としている銀行が存在します。それは、イオン銀行と楽天銀行です。

 

高い限度額を望むなら、断然イオン銀行&楽天銀行

この両銀行は前述の通り、配偶者の同意を必要としていません。しかも無収入の専業主婦でも最大50万円まで借りられるのですから便利ですね。もしも30万じゃ心許ないと考えるなら、この両銀行での借入を優先して考えるのが賢明です。

 

「お金を借りたい。でも専業主婦だし・・・」と悲観していたあなた。キャッシングが不可能ではないこと、そしてどこで借りればいいのかということがお解りいただけたと思います。闇雲に申し込むのではなく、これらのちょっとしたポイントを理解してから借りれば、よりスムーズなキャッシングができるのです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
イオン銀行カードローンBIG


3.8〜13.8% 800万円 原則即日回答
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日