MENU

もちろん審査は厳しくなるが大した違いはない

キャッシングでは当然借入金額が大きくなれば大きくなるほど審査が厳しくなるものです。もちろん、10万円、30万円、50万円と階段のように上がっている今回の場合であっても同様です。しかし、これらの場合は実はそこまで審査の厳しさの違いはないのです。

 

当然、キャッシング業界としては高額融資になればなるほど、貸し倒れのリスクも高くなりますから、審査を厳しくしますが、これらの金額であるのならば、収入がきちんとあれば、そこまで審査を厳しくする必要と言うのはあまりないのです。

 

10万円の融資限度額は信用度が最も低い証

10万円の融資とは、例えばフリーターの方や、それ以外の方でも一番初めに融資してもらうときに適応されやすい融資限度額です。初めてのキャッシングだと、お互いの信用関係というものはまだ築かれてはいませんし、クレジットヒストリーにも何も過去の記述が無ければ、どれほど信用していいかが分かりません。

 

ですので、最も低い融資限度額を与えて様子を見ようと言う思惑があるのです。ですので、融資限度額10万円とは信用度が最も低い証であり、これぐらいしか融資してもらえない、ということはまだ信用されていない、という証なのです。

 

また、前述したようにフリーターの方などにも適用されやすいことから、年収が低い人でも容易に返済可能な金額であることも分かります。ですので、これぐらいの金額であれば、金融機関としても貸し倒れされたところで痛くもかゆくもない、という訳なのです。

 

アコムでなら在籍確認に失敗しても借りられる

消費者金融のアコムを利用する場合に、もしも職場が休日のタイミングで在籍確認を行ったりした場合、つまり在籍確認に失敗した場合であっても10万円までの融資限度枠をもらうことができます。それほどまでに貸し出しても問題のない金額だとはよく分かりますね。逆に、これを狙って10万円までならば在籍確認なしで融資を受けようとする人もいるくらいです。

 

最低限度額だからと言って諦めることはない

もしも、最低限度額を提示されたからと言って、別の金融機関に融資を受けよう、などと考える必要はありません。もちろん、早急にお金が必要な場合は別ですが、それ以外ならば、1年間放置しておいただけでも、融資限度額を少しだけ上げてもらうことができますし、積極的に利用していけば融資限度額は自然と上げてもらえます。当然、返済をきちんと行うことが原則です。

 

30万円は無収入の方でも借りられる金額

また、30万円という融資限度額は、無収入の専業主婦が銀行で配偶者貸付を利用した際に融資してもらえる限度額でもあります。ですので、こちらも融資限度額としてみれば少額と言うことになります。なぜ、このような金額に設定されているのかと言えば、まず、通常の会社員の夫を持っている場合ですと、少なくとも共働きをしないでも十分に生活できる収入があることが見込めます。

 

ですが、その中からどれだけのお金を返済に利用できるかは分かりませんので、10万円程度ならば確実に返済できるでしょうが、それ以上のお金を借りたい、という専業主婦のためにも、十分に返済可能な金額の30万円を提示しているのです。

 

この融資限度額30万円というのは、基本的のどこの銀行でも一律で同じです。個別で審査をすれば夫の収入がどれくらいか分かるかもしれませんが、そうするとコストもかかりますし、夫の収入証明書も必要になってくるでしょう。それは銀行側からしてもメリットにはなりませんし、利用者が増えないことも予想されますので、簡単に利用できるようにするためにも、審査を簡単にする必要があり、金額を一律にしているのではないか、と推測されます。

 

50万円ならば収入証明書も必要ではない

銀行カードローンならば収入証明書が必要になるのはだいたい100万円から300万円の融資の場合のみです。ですので、50万円の融資ともなれば、消費者金融でも銀行カードローンであっても収入証明書が必要になることは無いでしょう。

 

50万円と聞くと、やはりこれまでの融資額よりははるかに高額のように思います。実際に審査の厳しさはこれまでよりはぐんと上がるのですが、収入証明書が必要ではないことを考えると、金融機関からすれば高額融資にはまだ入らない金額なのです。

 

総量規制から見て、どれくらいの年収が必要になるか

総量規制、というのは年収の三分の一以上の金額の融資は受けることができない、という制度です。ですので、この年収の三分の一、というのは客観的に見て、返済のためにはどのくらいの年収が最低でも必要となるか、ということを表しているものでもあります。

 

10万円の場合は、30万円の年収。30万円の場合は90万円の年収。50万円ならば150万円の年収。と、これだけ見ていると正社員として働いている方からすれば余裕でクリアできる金額ですね。そう考えると少額融資と思われているのも納得でしょう。

 

もちろん、すぐに50万円の融資、というのは難しいです。ですので、収入がしっかりとあって、クレジットヒストリーにも問題が無ければ大体30万円くらいからお金を借りることができます。それを返済していけば、そのうち50万円も借入できる可能性も十分に考えられますので、地道に努力していきましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
イオン銀行カードローンBIG


3.8〜13.8% 800万円 原則即日回答
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日